2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

[ おじいちゃん ]の検索結果

注目の記事

おじいちゃんが買ってくれた、けん玉

 2013.08.12     祖父・祖母・老人の泣ける話     1件

おじいちゃんが、けんだまを買ってきてくれた。普通の玉の2倍あるけん玉。京都に旅行に行った時のおみやげらしい。おじいちゃんが一生懸命選んで買ってくれた、けん玉。 私はそんなけん玉に文句をつけた。「こんなんいらんわ、返してきて。」おじいちゃんは悲しそうな顔をした。 私はおばあちゃんに言った。「おじいちゃんがあんな危ないもんおみやげに買ってきた。」って。おばあちゃんは私の話を聞いておじいちゃんに…

 評価:2 votes, average: 1.50 out of 52 votes, average: 1.50 out of 52 votes, average: 1.50 out of 52 votes, average: 1.50 out of 52 votes, average: 1.50 out of 5 1.50 (2 件の評価)
続きを読む

おじいちゃんの思い出

思い出話とはちょっと違うんだが 先月、祖父が亡くなった。91歳の大往生。 おばあちゃんに足をさすって貰って 「あぁ、気持ち良かった・・・」と言った直後、すぅっと眠りに落ちるように息を引き取った。 私を一番可愛がってくれたおじいちゃんはもういないけど、それでもその存在をふっと感じる時がある。 おじいちゃんが教えてくれたものとかさ。買ってくれたものとかさ。 (さらに&…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

優しかったおじいちゃん

12年前に死んだおじぃの部屋から、 当時小学6年だった私と一緒に折った紙飛行機が見つかった。 「懐かしい」なんて手に取ったら 紙が茶けててボロボロ、破れた隙間から何か文字が見えた。 (さらに…)…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

大丈夫じゃないのに大丈夫だからって言ってくるお爺ちゃん

【投稿者名】悲しい名無しさん【性別】男性:2016/02/1021:41:21 ウチには、少し離れた所に住んでいるおじいちゃんがいる。 今は一人暮らしで、休みが取れた時は家に行って、寂しく無いようにご飯を一緒に食べたりしてる。 行くたびに「1人で大丈夫だから」と言うのが決まり文句。 そんなおじい…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

とても優しく笑っている女の子の彫刻

 2014.12.29     知人・仲間の泣ける話     1件

美術館でバイトをしていた。その日の仕事は地元の公募展の受け付け作業。 いっしょに一人、審査員の先生も同席してくれる。 その時にいてくれたのは、やさしいおじいちゃん、と言う感じの彫刻の先生。 一緒に並んで座っている私が咳をしていると「手を出しなさい」と言う。 不思議そうに手を出すと、服のポケットから出した缶入りの南天のど飴の小さな缶を振って、 私の手…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

子育ての大事なこと

 2014.12.27     遭遇した泣ける話     コメントを書く

突然だけど、母親のこと子供にどう話してる? 俺の娘は今年4歳になるが、嫁は娘を生んですぐに家を飛び出したので、子供には母親の記憶はない。 今まで母親のことはあまり話題にせず避けてきたんだが、こないだちょっと考えさせられる出来事があった。 仕事の移動中に乗った電車の中でのこと。 俺の隣には、幼稚園くらいの女の子が、母親らしい若い女性と一緒に乗っていた。 …

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

世代を越えた結婚

私の祖母は2014年9月末に癌で84年という生涯の幕を閉じました。 祖母が息を引き取る前、そっと私だけに教えてくれた話しです。 スエ(祖母)は65年前、同級生のアツ(男の子)と今で言う交際をしていた。 彼とは家も近所の幼馴染。終戦から4年が経ち、スエが住んでいた村も平和を取り戻しつつあった。 スエの実家もアツの実家も農家で、互いに手伝いの合間を見つけ…

 評価:8 votes, average: 4.13 out of 58 votes, average: 4.13 out of 58 votes, average: 4.13 out of 58 votes, average: 4.13 out of 58 votes, average: 4.13 out of 5 4.13 (8 件の評価)
続きを読む

俺と祖父の関係は冷めたものだった

5年前に亡くなった祖父のこと。 祖父は人付き合いが上手い方ではなく、それは家族に対しても同様で、特に子供に接するのは苦手としていたらしい。 そのせいか小学生時代の俺には、祖父はいつもムスっとして機嫌が悪く怖い人に見えた。 そんな祖父に理解を示し、自分から歩み寄るほど出来た子供ではなかった俺は、必然的に彼と距離を置いた。 祖父と馴染まないまま月日は経ち、俺が小学5年生になった秋のある日、…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

じいちゃんと留守電

 2013.08.11     祖父・祖母・老人の泣ける話     1件

もう随分前の話だが・・・。 俺が小1の時にお袋が今の親父を連れて来た。親父は連れ子である俺にも本当の子どものように優しくしてくれた。話は親父とお袋が結婚する少し前の話だ。 お袋と一緒に親父の実家に言ったときに俺は初めてそのじいちゃんに会った。 亭主関白の家だったらしく、長いテーブルの正面にドンと構えていた。始めはものすごく怖そうな人だと思った。でも実際はそんなことはなかった。 (…

 評価:1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5 4.00 (1 件の評価)
続きを読む

復員の事務の出来事

 2013.07.11     子供の泣ける話     2件

第二次大戦が終わり、私は多くの日本の兵士が帰国して来る復員の事務についていた、 ある暑い日の出来事でした。 私は、毎日毎日訪ねて来る留守家族の人々に、 貴方の息子さんは、ご主人は亡くなった、死んだ、死んだ、死んだと伝える苦しい仕事をしていました。 留守家族の多くの人は、ほとんどやせおとろえ、ボロに等しい服装の人が多かった。 ある時、ふと気がつくと、私の机から頭だけ見えるくらい…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

泣けるコピペtwitter