2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

[ ドナー ]の検索結果

注目の記事

お姉ちゃんのドナーは私

名前:レイ 投稿日:2014年11月20日 18:02:29 今年の10月17日に私の大好きなお姉ちゃん(当時19歳)が亡くなりました。病気でした。 病名は骨髄腫瘍。いわゆる癌です。10月10日に私はお姉ちゃんに一部骨髄をあげました。 お姉ちゃんは9月24日に事故にあい、腰にある骨髄と右腕が折れてしまい、折れた骨髄が使い物にならなかったそうです。 右腕は…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

ドナーって難しいのガイドライン

 2013.11.14     遭遇した泣ける話     コメントを書く

この前、後輩に頼まれて中学生の女の子の血液のドナーをやったんですよ、初めてね。 で、生まれて初めてドナーやったわけですわ。正直最初はドナーになるのなんて簡単だと思ってたのよ。みんな普通にやってるし、単に時間のかかる献血だと思ってたからさ。あのね、俺が間違ってた。あれは人がやるもんじゃない。神だね、神がやるものだよ。 血を抜いて2ヶ月くらい経った頃、血をあげた女の子の母親から手紙が来てさ。それ開…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

気丈な弟から臓器と想いを受け取った幸せな兄

【投稿者名】悲しい名無しさん【性別】男性:2015/09/1302:35:46 私には2歳年下の弟がいます。 今年、30歳になり弟も28歳です。 私自身、親からの遺伝で腎臓を弟から貰い、親も弟には申し訳ないと常日頃から感謝していました。 そんな弟は、100キロを超えるようなキャラクターに似合わず、行動がイケ…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

妹の携帯電話

妹が亡くなって2年の歳月が流れました。 妹からの最後のメールを見て命の尊さ、居なくなって残された者の悲しみがどれほど苦痛か・・・ 白血病に侵され、親、兄弟でも骨髄移植は不適合でドナーも見つからず、12年間苦しむだけで短い生涯を終えた・・・ 14才でした・・・。 妹が2才半のとき、微熱が続き、病院に行ったときには「白血病」と診断・・・ その日から母は毎日病院と家を往復する日々が続き…

 評価:2 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 5 4.50 (2 件の評価)
続きを読む

今だけはカッコ悪く泣かせてくれ

436 大人の名無しさん 04/07/14 00:37 ID:uvmO8+AS 付き合って3年の彼女に唐突に振られた。 「他に好きな男が出来たんだー、じゃーねー」 就職して2年、そろそろ結婚とかも真剣に考えてたっつーのに、目の前が真っ暗になった。 俺は本当に彼女が好きだったし、勿論浮気もしたことないし、そりゃ俺は格別イイ男って訳じゃなかったけど、彼女の事は本当に大事にしてたつも…

 評価:4 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 5 5.00 (4 件の評価)
続きを読む

生きている意味

70年代の初め、私の家族は、関西のとある新興住宅地に引っ越してきた。 山を切り開いて造られた町は、自然に溢れ、太陽の光がさんさんと降り注ぎ、経済成長期の中、これほど幸せな環境はなかった。 私は、その町の新しい中学校に入学し、新しい友達が毎日増えていく、楽しい日々を過ごしていた。 2年生の1学期のこと。お昼休みに、私は女の子に呼び出された。 彼女はノートを差し出して、これに日記を書け…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

悲しい運命の再会

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 19:50:44 私の友人の婚約者の話です。 彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 彼が17歳の時に、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり、 死のふちから生還しました。 そのときに1人でも多くの人を助けることができたらと医者になること…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

検索

アーカイブ

2017年4月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

泣けるコピペtwitter