2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

[ 医師 ]の検索結果

注目の記事

ばあちゃんの思い出が詰まったミシンの部屋

 2016.01.27     祖父・祖母・老人の泣ける話     1件

【投稿者名】弱虫【性別】男性:2015/12/2717:14:44 ばあちゃんが死にました。 70ちょいで。 中学一年まで、じいちゃんばあちゃん家に母さんと父さんと兄と僕で同居していました。 じいちゃんとばあちゃんは、母さんのほうの両親です。 母さんには、姉(僕から見た伯母)が一人いました。 先に姉のほ…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

血の繋がった孫よりも血の繋がらない僕を一番に愛してくれた最愛の人

【投稿者名】りょうた【性別】男性:2015/11/2123:48:23 31歳大学病院勤務の医師です。 僕の最愛の人のお話です。 僕の母親は、一言で言うとだらしなのない人でした。 水商売をしながら、女で1つで育ててくれましたが、男の家に行っては僕を放置。 見知らぬ男がいつも家にいる。 汚いアパートで、一…

 評価:18 votes, average: 4.56 out of 518 votes, average: 4.56 out of 518 votes, average: 4.56 out of 518 votes, average: 4.56 out of 518 votes, average: 4.56 out of 5 4.56 (18 件の評価)
続きを読む

どんな失敗や困難があろうが笑う姉

【投稿者名】名無しさん【性別】男性:2015/05/0602:23:16 姉は常に笑っていた。 どんな失敗があろうが、困難があろうが、常に笑みを浮かべ、にへらと笑っていた。 そんな姉が受験を控え、さすがの姉でもストレスが溜まるだろうと中二だった俺は世話になっている姉を最大限サポートした。 うちの家庭は母子家庭なのだ…

 評価:5 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 55 votes, average: 4.00 out of 5 4.00 (5 件の評価)
続きを読む

最愛の妻と生まれたばかりの子供を失った

妻と、そして産まれたばかりの子供を失った。 もともと虚弱体質だった妻は、子供が産める身体ではなかったのだと思う。 私はそれを理解してそれでも結婚したつもりだった。 ある日、妻が妊娠を告げた。私は妻の身体を守りたかった。 しかし妻は、これが最初で最後の機会だから私の子供を産ませて欲しいといった。素直に、嬉しかった。 大変な妊娠期間だった。それでもいろ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

生まれてきてくれて有難う

939 :大人の名無しさん :04/06/07 11:15 ID:hqAE586k 親と喧嘩をし、「出て行け」と言われ家を飛び出して6年。 家を出て3年後に知り合った女性と同棲し2年後に子供が出来た。 ものすごく嬉しかった。 母性愛があると同じように父性愛というのもあると気付いた。 子を愛さない親は居ないと言うのも知った。 (さらに…)…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

厳格な父

 2013.06.29     父・母の泣ける話 , 親子の泣ける話     2件

一昨日、姪が5歳の誕生日を迎えた。 毎年姪の誕生日には決まって実家近くの居酒屋で誕生会をしている。 そこは姪の誕生を一番心待ちにし、残念ながら姪をその腕に抱くことなく逝ってしまった俺の親父の行きつけの店だ。 親父はいまどき珍しいほどの職人気質を絵に描いたような古風な男だった。 無口で厳格で特に俺にとってはこわい父親だった。 俺たち兄妹が幼い頃、たまの休みに遊びに連れていってくれたデ…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

母親に買ってもらったパソコン

 2013.05.16     父・母の泣ける話     コメントを書く

俺がまだ小学校に上がる前父親が交通事故で亡くなり、母親は女手1つで俺を育ててくれた。 父親と結婚する前仕事らしい仕事もしたことがなかった母親は お弁当屋の調理やコンビニエンスストアのレジなどのパート勤務で生計を立てていた。 当然家は貧しく、俺は高校を卒業したものの、折からの不景気で、就職もできず家でぶらぶらしてばかりいた。 そんな俺に母親は「そのうちいい仕事が見つかるよ」と独り…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

俺の近所に住んでた爺さんの話

俺の近所に住んでた爺さんの話。 一人暮らしだった爺さんは子供好きで、ちっちゃい頃の俺もよく遊んでもらってた。 ある時、爺さんの家で見た暴れん坊将軍(だったと思う)の1シーンで 老中と主役が「じい」「若」と呼び合うのを二人で真似して 俺「じい!今日も遊びに来たぞ。」 爺「若、よくぞいらっしゃいました。」 なんて呼び合って遊んでいた。 そんな関係は俺が他県の大学に…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

真の愛の絆

 2013.05.03     夫婦の泣ける話     コメントを書く

オンタリオ州セントトーマスで、ごくごく平凡に暮らしてきたベーカー夫妻。 妻のドロシーさんは、夫グレンさんより6つ年上の姉さん女房だった。 妻がどこかへ行くときには必ず夫が付いて来る― 二人はどこにいくにも、いつも一緒だった。 (さらに…)…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

悲しい運命の再会

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 19:50:44 私の友人の婚約者の話です。 彼は幼い頃に母親を亡くし、父親と祖母と暮らしていました。 彼が17歳の時に、急性骨髄性白血病にかかってしまい、本人すら死を覚悟していましたが、骨髄移植のドナーが運良く見つかり、 死のふちから生還しました。 そのときに1人でも多くの人を助けることができたらと医者になること…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

検索

アーカイブ

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

泣けるコピペtwitter