2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

[ 最期 ]の検索結果

注目の記事

安らかに眠るように亡くなった、とある人の最期

 2015.10.07     感動する話     コメントを書く

【投稿者名】椿【性別】女性:2015/10/0400:01:07 私には、とある大叔父がいました。 名前をSとします。 私の名前をMとして、話を進めようと思います。 大叔父は、10月3日に亡くなりました。 私の父は、大叔父のことを「S兄ちゃん」と呼んで、慕っていました。 父と母は、入…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

【悲しい日記】16歳だった私と結婚してくれた夫へ捧げる有難うの言葉

 2015.12.01     夫婦の泣ける話     コメントを書く

私は16才で結婚しました。 夫の健くんは18才、 若い二人に、ちゃんとした生活が出来るかどうか不安でしたが、二人で支え合って生活してきました。 そして、私が17才、健くんが19才のとき、赤ちゃんを授かりました。 毎日毎日貯金して、毎日毎日一つのお弁当を二人で食べ合って、慎ましく生活しました。 2005年8月29日 息子の陸が生まれました。 …

 評価:3 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 5 4.00 (3 件の評価)
続きを読む

サチへ

サチへ 前の飼い主の都合で、初めて我が家に来た夜、お前は不安でずっとないていたね。 最初、お前が我が家に慣れてくれるか心配だったけど、少しずつ心を開いてくれたね。 小学生の時、空き地でお前とよく追いかけっこしたよね。速かったなぁ。全然追いつけなかったよ。 買い物に行った時なんかは、柱に紐をくくりつけておけば、きちんとお座りして待ってい…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

ミーコは俺の弟であり大親友

もう二年になるんだな・・・ 俺が幼稚園の時、目も開いてない君が家に拾われて来た。 一週間でお別れの約束だったのに、気付いたら、18年。 毎日一緒に寝てた小さい頃のこと。 一ヶ月半行方不明だった君が、ガリガリになって帰ってきたあの日のこと。まだ幾筋かうっすらと残る、君に噛まれた傷の跡。 みんなみんないい思い出だけど 一番嬉しかった…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

愛犬ロッキーとの約束

昨日、念願の車を購入した。 その足で実家に帰って両親に車をお披露目。 両親は喜んでくれたが、なにか釈然としない気持ちが高ぶっている。そして思い出す。 オレが7歳の頃にその犬はやってきた。 名前はロッキーという。真っ白いフワフワの毛。垂れた耳と目が人なつこさを表していた。 (さらに…)…

 評価:3 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 53 votes, average: 4.33 out of 5 4.33 (3 件の評価)
続きを読む

最愛の妻と生まれたばかりの子供を失った

妻と、そして産まれたばかりの子供を失った。 もともと虚弱体質だった妻は、子供が産める身体ではなかったのだと思う。 私はそれを理解してそれでも結婚したつもりだった。 ある日、妻が妊娠を告げた。私は妻の身体を守りたかった。 しかし妻は、これが最初で最後の機会だから私の子供を産ませて欲しいといった。素直に、嬉しかった。 大変な妊娠期間だった。それでもいろ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

お姉ちゃんのドナーは私

名前:レイ 投稿日:2014年11月20日 18:02:29 今年の10月17日に私の大好きなお姉ちゃん(当時19歳)が亡くなりました。病気でした。 病名は骨髄腫瘍。いわゆる癌です。10月10日に私はお姉ちゃんに一部骨髄をあげました。 お姉ちゃんは9月24日に事故にあい、腰にある骨髄と右腕が折れてしまい、折れた骨髄が使い物にならなかったそうです。 右腕は…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

厳格な父

 2013.06.29     父・母の泣ける話 , 親子の泣ける話     2件

一昨日、姪が5歳の誕生日を迎えた。 毎年姪の誕生日には決まって実家近くの居酒屋で誕生会をしている。 そこは姪の誕生を一番心待ちにし、残念ながら姪をその腕に抱くことなく逝ってしまった俺の親父の行きつけの店だ。 親父はいまどき珍しいほどの職人気質を絵に描いたような古風な男だった。 無口で厳格で特に俺にとってはこわい父親だった。 俺たち兄妹が幼い頃、たまの休みに遊びに連れていってくれたデ…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

私の父の思い出

 2013.05.18     父・母の泣ける話 , 親子の泣ける話     1件

いわゆる不義の子であった。 お妾さんと呼ばれる立場の女性が母親で、父を知らずに育った。 もちろん父親のいない子どもに、世間が冷たかったのは言うまでも無い。 母親は芸事で身を立てていたので、子どもを顧みる余裕など無かった。 小さい男の子は、何とかバカにされないように、いつか世間を見返す為に、と頑張った。 もともと聡い子どもであった彼は、学業に身を入れた。 「知識」というも…

 評価:3 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 53 votes, average: 3.67 out of 5 3.67 (3 件の評価)
続きを読む

子どもに何を残そう

 2013.04.25     その他の泣ける?話     コメントを書く

1 :名無しの心子知らず:2007/02/14(水) 01:00:58 ID:dIKnR6BG えっと、肺ガン宣告受けました。 3-Bだそうで余命3ヶ月~半年らしいです。 痛みとか出てたんである程度覚悟してたんですけど なんか正直言ってあっさりしてます'`,、('∀`) '`,、 (さらに…)…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

検索

最近のコメント

アーカイブ

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

泣けるコピペtwitter