2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

[ 職場 ]の検索結果

注目の記事

良い職場・良い仲間

183 名前: 名無しさん@明日があるさ 投稿日: 2006/09/25(月) 14:55:42 書かせてくれ。 大卒から勤続8年目。 俺は上司含め、同僚が苦手、というかあまり好きではなかった。 ワイワイと騒ぐ職場で馴れ合いもせず、 昼飯や飲みも付き合いはするが仲良い同僚なんてのもいなかった。 そんな俺の性格を理解してか、 周りもあまり俺に近づいてこようとはしなかった。(…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

ねぇ、聞こえてる?いつもみたいに寝たふりしないでよ。

 2016.04.21     彼氏・彼女・恋愛の泣ける話     1件

【投稿者名】泣き虫さん【性別】女性:2016/04/1314:59:41 昨日、1年付き合った彼氏に振られた。 あっけなかった。 電話で彼が 「はる。ごめん、別れてほしい。」 「けいちゃん。どうして…?」 「ごめん。」 「わかった…」 それからは、仕事にも趣味…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

どうしても忘れられない女性への十年愛

【投稿者名】愛は一途【性別】男性:2016/02/2100:05:52 俺は新しい職場に異動になった。 新しい職場では俺に女性の教育担当がついた。 その女性は俺と年齢も近い事もあり、次第に仲良くなりプライベートで一緒に遊ぶようになった。 俺はもう既に惚れていた…。好きで好きで寝れない夜も多々あった。…

 評価:1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5 4.00 (1 件の評価)
続きを読む

自死遺族としての思い

 2015.04.09     哀しい・悲しい話     3件

名前:かおる 投稿日:2015年04月06日 20:27:21 私の父は平成六年首吊りで自死、主人は平成二十四年同じく首吊りにて他界しました。 父は六十歳、主人は五十七歳にて。 自殺は自身にとっては覚悟の上かも知れませんが、おいていかれた者は自分を責め、生きる事さえ罪に感じています。 今も毎日辛く、自分自身すら死を望んでしまいます。 (さらに…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

家族を大事にしてください

 2015.02.25     親子の泣ける話     コメントを書く

名前:名無しさん 投稿日:2015年02月21日 01:34:49 暇潰しにオフラインでも読めるアプリを携帯に入れてて、笑える話だの、怖い話だの。泣ける話ってのを読んでたら、偶然にも自分がかつて投稿した話が入っていたので、自己満足で此処に事後報告を。 あれから四年程経ちましたが、あの時コメントを下さった方々に感謝と、願わくばいつかこれを見てくださるこ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

最下層までドロップアウトした俺

 2014.12.23     親子の泣ける話     コメントを書く

もう十数年前になるけど、嫁が急逝してドロップアウトした。 赴任先の基幹病院のある地方都市。 俺の嫁は誰も知り合いもいない土地で、最後まで子供の心配しながら最後まで俺に謝り続けて一人で逝った。 3歳の娘一人残して。 葬式の時、娘は「ママいつ来るの?ママいつ起きるの?いつ起きるの?」ってずっと泣いていた。 娘は嫁の実家で面倒みてもらいながら…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

父娘家庭って難しいのガイドライン 思春期迎える娘ver

 2014.11.27     親子の泣ける話     コメントを書く

この前娘の尻に赤い染み見つけたんですよ、初めてね。で、生まれて初めて娘の初潮に気付いたわけですわ。 正直最初はそんなの簡単だと思ってたのよ。みんな普通に気付いてるからさ。 あのね、俺が間違ってた。あれは男親が処理するもんじゃない。女性だね、母親でなくてもいいからとにかく女性がやるものだよ。 最初に娘に知らせる時さ、めちゃめちゃ怯んで娘の肩そろ~って叩いて「あのさ」って静かに囁いたのよ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

パパ、3年間もひとりにしてごめんね

 2013.12.30     父・母の泣ける話     コメントを書く

父を肺がんで亡くしました。 海外に単身赴任している3年間のうちに病魔に蝕まれたらしいです。 帰国したときにはもう末期で、手の施しようがありませんでした。 気丈で、一度も痛いとも辛いとも言わず、たった2ヶ月の闘病生活で 逝ってしまった父。 1ヶ月後、元の職場から船便で父の私物が送られてきました。 私には読めない外国語の書類、懐かしい父の匂いのする衣類などなど。 母と思い出話をしなが…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

ささやかな誕生日パーティー

 2013.12.21     父・母の泣ける話     コメントを書く

私が23歳の頃、就職1年目の冬、私の誕生日の日のこと。 職場の人たちが「誕生パーティーをしてあげる!」というので、 家に、「今日は遅くなるよ。ゴハンいらないから。」と電話を入れたら、 父が「今日はみなさんに断って、早く帰ってきなさい。」と言う。 「だってもう会場とってもらったみたいだし、悪いから行く。」と私が言うと、 いつもは温厚な父が、「とにかく今日は帰ってきなさい、誕生日の用意も…

 評価:1 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 5 1.00 (1 件の評価)
続きを読む

ツインニットをプレゼントした

学生時代、はじめてのバイト代でカーチャンにツインニットをプレゼントした。 カーチャンはかなり太ってたから3Lを買ってったんだけど、ぴちぴちで着れなかった。 以下さっきトーチャンから聞いた話 (さらに…)…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

検索

最近のコメント

アーカイブ

2019年1月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

泣けるコピペtwitter