2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

とあるテレビで見たお話

この記事の所要時間: 059

鍵の紛失、番号忘れなどで開かなくなった金庫をあける職人の方が
亡くなった父親しか開け方を知らない金庫の開錠をその息子たちに
依頼されたそうです。

父親の葬式後、兄弟の遺産相続で揉めているらしく
「生前、私たちが子どもの頃からロクに遊んでもらった記憶のない
働き詰めだった寡黙な父親が、夜中に自室の金庫を開けて
中のモノを取り出しニヤけていたのを見たことがある。
寝る間も惜しんで働いていたオヤジの事だ、大金が入っているに違いない。」
と、もらえる遺産を少しでも多く、と目論んでいた兄弟たち。

なかなか手ごわい金庫を前に時間が過ぎ、依頼者の兄弟たちが相続の事で
またも揉めだし、イライラもピークに達しようとしていたその時にやっと開錠。

喜びいさむ兄弟たち。急いで中を確認すると・・・
出てきたものは自分たち兄弟が小さい頃に書いた
父親の似顔絵や父の日のプレゼント、成績表など。

不器用な父親が口にせずとも、心から自分たちを愛してくれていたことを知り
その場にしんみりとした空気が流れ、兄弟たちは自分たちの行動を反省し
遺産相続の争いをやめたそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:3,694 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:父・母の泣ける話
 タグ:

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

泣けるコピペtwitter