2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

昔うちで飼っていた猫との思い出

この記事の所要時間: 121

昔うちで飼っていた風有(ふゆ)を思い出しました。

初冬の、風の強い日に拾った猫でした。

足に大怪我してて、ガリガリで、汚れてて…

とても見捨てる事が出来なかった。

先の飼い猫が亡くなってから、父が『もう悲しいお別れは嫌だから飼いたくない』
と言っていたのを思い出し一瞬戸惑ったが、強行突破しよう!と、
着ていた服で抱き抱えて動物病院へ。

処置をしてもらい、恐る恐る家に連れて帰った。


玄関で父とにらめっこ。

ため息とともに『ご飯の前に体拭いてやんなさい』

『おまえが世話するんだぞ?父さんは知らないよ?』

 

…と言っていたのは最初だけで(笑)

寝るのはかならず父と。

外に出るときは父の自転車の籠にクッション付。

お風呂にも一緒。いつでも一緒。私は正直妬けました(-ω-

そんな蜜月を何年か過ごし、父が病に倒れ、半年後、帰らぬ人となりました。

葬儀の後、風有は毎日仏間にいました。

夜は父の部屋で、淋しそうに寝ました。

何度私が自分の部屋に招いても、父を探すように、父の部屋に戻ってしまうのです。

そして四十九日の法要後、風有は父の傍に行ってしまいました。

うちの方では、亡くなった人は四十九日の間は家にいて、
法要後家を離れると言われてまして…

寂しがり屋の父だから我儘言って、風有を連れていったんだねって
兄と話しました。

今でも毎年風の強い寒い日は、風有を思い出します。

お父さんと仲良くしてるかな…

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:126 PV
 評価:12345 4.75 (4 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  ,  ,  ,  , 

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

泣けるコピペtwitter