2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

まあこっちは元気だよ。

この記事の所要時間: 156

自分も、数年前父が2年の闘病生活の末他界。

どうにか父不在の日々に慣れ、一周忌を目前にした頃に続いて妹が逝った。
突然。
頑張りやで、頑固で、口が達者で。友人たちを引っ張りまわして騒ぎ、しょっちゅうコンパに行ったり、泊まりに出かけてた。
そんな奴は、実は小さい頃から喘息もちだった。
何度も入院を繰り返すうちに、励ましてくれる看護婦さんに憧れて、どうしても自分も成りたいと、周りの反対を押し切って、看護婦として学校に通いながら勤め始めた。

薬と吸入器は手放せない。激務に疲れると、時折酷い発作が起きる。
そんな時、職場に入院する事になっては、自分の不甲斐なさに泣いていた。
それでも働いている時には、元気で明るくて、病気持ちだなんて判らないくらいに頑張って「患者さんの心を一番よくわかる」看護婦さんとして、人気者だった。

患者の男の子に告白されたんだ、なんて、笑いながら言っていた。高校の友達は、あんたを中心にいつも集まっていたっけね。
頑張って、頑張って、頑張って、行っちゃったね。

最後の日、最後の発作の直前まで、あんたは友達の誕生パーティをやって騒いでいた。
「絶対あたし達はお母さんを見送ろうな」親父の葬式でそう約束したのに、あんた、自分が見送られたじゃないか。次に会う時には殴ってやるから覚えておけよ。

もうすぐあんたの誕生日だよ。またきっと皆が集まってくれるんだろうな。
飲んで、食べて、騒いで。一日中あんたの話をしてすごすよ。
マルボロのメンソールと、さび抜きお寿司並べてね。あんたの好きだった野球選手はまだ現役バリバリだ。ワールドカップは色々あったけど、日本頑張ったよ。

お母さんは未だに山ほど牛乳買って冷蔵庫に常備してるよ。代わりに飲んでるのは私らだ。
あんたの親友は二人目の子供を産んだよ。幼馴染の男の子は、まだ言ってるよ。
「いい女だったよな。俺、ヤっちゃっとけばよかったな」って。「国立連れて行くって言ってたけどさー」ダメだったからって言いながら、未だにサッカーやってるよ。
同僚も頑張ってるそうだよ。正看の試験も受かったみたいだよ。
あんまり突然いなくなったから、今でも時々泣きながら起きる事もあるけど、まあこっちは元気だよ。

元気だよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:7,018 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の泣ける?話
 タグ: ,  ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

泣けるコピペtwitter