2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

大きくて無骨な車

この記事の所要時間: 047

私が免許を取って、初めて乗った車は父の使っていた車だった。

緑っぽいメタリックな色でゴツくて大きいMT車。
この車の外見のおかげで若葉マークを付けた女が乗っていてもあまり煽られたりしなかった。

父は、もうその頃は糖尿病で体も視力も弱くなっていたので私だけが使っていた車だった。
高校生の時は毎朝、運転席に父、助手席に私が座っていた。
父を病院まで送り迎えする時に、運転席に私が、助手席に父が座っているのがなんだか変な気持ちだった。

父が死んで1年も経たない内に車を買い替える事になった。
ひとまわり小さな新しい車がうちの車庫に入れられ、緑色の大きなあの車がうちから去って行くのを見送りながら とても寂しくなった。

あの大きくて無骨な車は私にとって父そのものなんだ、と思ったら、たまらなくなった。
泣きそうになりながら見えなくなるまであの車を見送った。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:5,237 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:親子の泣ける話
 タグ: ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

泣けるコピペtwitter