2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

マーチからの手紙

この記事の所要時間: 224

私は今日車を買い換えることを子供たちに伝えた。主人が結婚する前に、私をくどくために買ったマーチだった。
私を射とめ結婚しそれから6年間乗ったのだからもうそろそろ新しい車が欲しいね、と彼は言った。わたしも別段反対することもなく、子供たちにも普通の会話のつもりで話した。
そこで話は終わるはずだった。子供たちの反応は私たち夫婦のとは異なり、今にも泣き出さんばかりであった。
「こわれちゃったの?」「もうあえないの?」確かに普段から、ものにも心があるのだ、だからものを粗末にしてはならないのだ、と教えてはいたが、彼らがマーチに対してこれほど思いを抱いていたとは知らなかった。

私たち夫婦は彼らの優しさに心を打たれ、それをほほえましくまた誇りにさえ思ったが、実際今度生まれる三人目の子供のことを考えると、今の車では小さすぎるのだ。
だから私たちは彼らが傷つかないように根気よく彼らを説得した。

その夜わたしはかれらがいつまでもその心を持ち続けることを願って床についた。納車される前の日に、上の子が手紙を持って私の前に座った。 別れゆくマーチのために手紙を書いたのだった。

マーチへ。
いままで いろんなところに つれてってくれて ありがとう。 これからも げんきでね。

文字の書けない下の子はマーチの絵を上の子の手紙の挿絵として書き加えていた。マーチは自動車販売店に下取りされることが決まっていた。
そこのお店の人の迷惑になるかもしれないと思いつつ、息子たちの手紙をマーチに忍ばせ、わたしたちはマーチを見送った。それから新しい車が来て、私たち家族は久しぶりに少し遠くまで出かけた。

それから9ヶ月がたったころ、マーチから息子たちへ手紙が届いた。

あつし ゆうき へ
げんきにしてるかな ?ぼくはげんきです。あつしとゆうきとわかれたあと、ぼくはあたらしいかぞくにであいました。おとうさんとおかあさんとけんたくんのさんにんかぞくです。けんたくんはまだまだちいさくてあまえんぼうさんです。おおきくなったらけんたくんもあつしやゆうきのようにやさしいこになってほしいな。いつまでもげんきでね。
マーチ

かわりに読んでいたわたしは、途中で主人に代わってくれといい、彼もあと少しで涙するところだった。
上の子は、まだたくさん泣いていい年頃なのに泣くのを必死にこらえている。「悲しくないのにね、何で泣いちゃうんだろうね。」 一生懸命笑おうとしておかしな顔になっている息子を見て、わたしたちも泣きながら笑った。

下の子はよく分かってないみたいだけど、一緒に笑った。 たった一台の車が、よく出来た夫と優しい息子たちをわたしに与えてくれた。そして、けんたくんのおかあさんがやさしい贈り物を贈ってくれた。

私は今何気ない日常の中で嬉し涙の味をかみ締めている。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:6,566 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:子供の泣ける話 , 感動する話
 タグ: , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/01/16(月) 07:26:40 ID:QzMDM2MDA

    ポロポロ泣いた
    初車が廃車になりレッカーされてる時のなんとも言えない複雑な心境思い出した
    たった3万のオンボロ車だったけどよくその車の愛称で道行く人や並んだ車に声をかけられたっけ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年4月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

泣けるコピペtwitter