2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

真のヒーロー

この記事の所要時間: 120

アメリカのとある地方に、野球観戦の大好きなでも、目の見えない少年がいました。
少年は大リーグ屈指のスラッガーである、○○○選手にあこがれていました。

ある日少年は、その選手へファンレターを送ろうと思い、母親に自分の言いたいことを伝えて手紙を書いてもらいました。

「ぼくは、めがみえません。でも、まいにちまいにち、あなたのホームランをたのしみにしています。しゅじゅつをすれば、めがみえるようになるのですが、こわくてたまりません。あなたのようなつよいこころがほしいです。ぼくのヒーローへ。」

少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。

カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
今度の試合でホームランを必ず打つので手術を受けることを。次の日少年は勇気をもって手術に臨み手術は見事成功しました。

そして、運命の試合の日ヒーローは1打席目も、2、3打席目もホームランを打つことが出来ませんでした。

迎える最後の打席。2ストライク3ボールと、追い込まれたヒーロー。二人のことを、ラジオや新聞で見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、また少年自身もラジオの中継を祈る思いで聞いています。

ピッチャーが投げた最後のボールは、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。

全米から大きなためいきが漏れようとしたその時、スタジアムの実況がこう伝えました。

「ホームラン!月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:6 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:感動する話
 タグ: , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

泣けるコピペtwitter