2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

村人を助けたい気持ち

この記事の所要時間: 053

小学生の頃、親に始めてRPG買ってもらって嬉しくてやり始めた。

宝箱から回復薬を見つけて戦闘には使わないで大事に持ってたら
街に大地震の災害イベントが発生。

街の病院のベッドにはケガを負って苦しむ住人でいっぱいになった。

可愛そうだと思った俺は説明文の「傷を治す薬。体力20回復」を思い出して
これを飲んでもらおう!と一人ひとりベッドのそばに寄ってアイテムを使う、を選択したんだ。

当然だけど、街の人は誰も元気にならなかった。

回復薬は自分のHPを回復されるものだからそこらへんにいる街の人になんて使えない。

それがわからなかった俺は量が足りないのかな、と思ってとうとう持っていた薬も全部使った。

それでも、話しかけても話しかけても「うーん、苦しいよー」って同じことしか言ってくれない。

自分は勇者なのに目の前で苦しんでる街の人一人も助けられないんだ…

ひどく悲しい思いを引きずりながら魔王の元に向かった、そんな記憶。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:6,740 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年4月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

泣けるコピペtwitter