2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

暖かい食事

この記事の所要時間: 127

数年前、不況で俺はリストラされた。なかなか職が見つからず、仕方なく親戚が支配人をしているファミレスで3ヵ月バイトをすることになった。

その時たくさんの家族連れを見てきたが、子供の世話ってどの家族連れも母親がするもんなんだな。

暖かい食事を持っていっても、嫁さんは子供に食べさしたりして、料理はどんどん冷めていく。なのに旦那は、子供が何しようが嫁さんの料理が冷めようがお構いなしに自分の分を食べて行く。

食事が終わると子供の世話をする人もいれば、新聞を読み出す人もいる。どっちにせよ、暖かい食事を食べる嫁さんは結構すくない。多分家でもこうなんだろうな。

もし俺に子供ができたら、俺も面倒を見てやろう。嫁さんに暖かい食事を食べさしてやろう。そう思った。

それからしばらくして俺はそれなりに良い会社に再就職した。子供にも恵まれた。ファミレスに行った時、子供の世話をする嫁さんとその皿をみてふと思い出した。

『あぁ。俺、あの時の旦那と同じコトしてるな』

とそして俺は

「俺が面倒みるから、お前先食えよ。」

と言った。嫁さんは驚いた顔をした。家にいても滅多に子供の面倒みないからな…嫁さんは

「悪いから…」

と言ったが

「いいから。ほら!」

と娘用のスプーンをとり、娘に食べさせた。嫁さんは小さく

「ありがとう」

といい、暖かい食事を食べ始めた。嫁はいつもより早口で食事をし、俺と交替した。俺の手からスプーンを受け取る時

「ありがとう…本当にありがとね」

と何故か涙ぐんでいた。俺の皿には冷めた料理がのっていたが、それでもいつもより美味く感じた。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:246 PV
 評価:12345 1.50 (2 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:夫婦の泣ける話
 タグ: , 

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

泣けるコピペtwitter