2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

恥ずかしい行為をしたからおなかが大きいんだ

この記事の所要時間: 251

自分がぶつかられそうになった体験談。

 

数年前妊娠中だったのですが、買い物先で小学校高学年ぐらいの女の子が二人ローラーシューズで走り回っていた。

しばらくして、ニヤニヤしながら私の周りを走り出し、
「○○(女の子の名前)ねぇ、知ってるんだよ。どうしたらそんなおなかになるのか。おばちゃんやらしいんだぁ。エロいんだぁ。」
ともう一人の女の子に向かって話していた。

 

するともう一人の女の子が「ならさぁ、あんなおなか、なくなっちゃえばいいんだよー」と。

はぁ?なに???と思っていると、なくなっちゃえば・・・といった女の子が、もう一人の女の子の背中を私のほうへぶつかるように押してきた(至近距離)ぶつかる!

とうずくまる状態になったのですが、その後なにも振動がこず、おそるおそる目をあけてみると多分同じぐらいの学年の男の子が思いっきり女の子に体当たりしていました。

 

その反動で背中を押した女の子と、押された女の子がもつれて転んでいろんなことを叫びながら男の子に食って掛かったのですが、男の子はひたすら無視。

騒ぎを聞きつけ警備員?がやってきて女の子二人とその騒ぎで集まったその女の子の親たち、男の子の親が別室に集まりました。

 

ぎゃーぎゃーと「ちょーいたい!うったえてやるー!ぎゃはははは!」と言う女の子たち。

「うちの子が何をしたんですか!お宅の子供の教育はどうなんですか!これだから男のガキは最低だよ!」とわめく女の子の母親。

どうして男の子がつきとばしたのか状況がわからずひたすら謝る男の子の親。
無言だった男の子が、男の子の父親に向かってなにか耳打ちをし、男の子の父親はうなずき母親を一旦外にだした。

 

その後男の子は泣くのをこらえるように
「お母さん、昔、ぶつかられて、赤ちゃんしんだんだ。お前らのしたことは、ひとごろしだぞ。」
とそれだけを言うとあとはうつむき泣くのをこらえていた。

女の子たちの親は「うちの子がそんなことをするはずがない!コレだから男の子は!!!」と叫びだしたのですが、
それを制止し、「あなた方の娘さんは私に対して、恥ずかしい行為をしたからおなかが大きいんだ。なら、それをなくせばいい、と体当たりしてきたんです。」

その後、男の子に向かって「ありがとう。つらい気持ちにさせちゃったね。」と言いました。

 

男の子は泣き顔のままにっこりと笑い、「よかった・・・」一言言うとまたうつむきました。

その後はローラーシューズ禁止の場所で滑っていたこと、女の子のポケットに未会計の品が入っていたこと
(店外ではないので、万引き罪には当たらないそうですが、疑わしい行為をしないように厳重注意?みたいな感じで言っていました。
以前に万引きで補導されてるみたいな風な感じの対応をしていました。)

 

で、女の子たちの親と一緒に別室に連れて行かれてました。

体を張って守ってくれたこと、そのうえ自分の母親に対する気遣いができるこの男の子が女の子たちとすごく対照的で何度もお礼をいい、その場を去りました。

 

さらっと書くつもりが思い出しているうちに長くなってしまいました。すみません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:9,870 PV
 評価:12345 5.00 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:子供の泣ける話 , 感動する話
 タグ: ,  ,  ,  ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年4月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

泣けるコピペtwitter