2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

愛犬ロッキーとの約束

この記事の所要時間: 235

昨日、念願の車を購入した。

 

その足で実家に帰って両親に車をお披露目。

両親は喜んでくれたが、なにか釈然としない気持ちが高ぶっている。そして思い出す。

 

 

オレが7歳の頃にその犬はやってきた。

名前はロッキーという。真っ白いフワフワの毛。垂れた耳と目が人なつこさを表していた。

それからは毎日が一緒だった。オレが母親に怒られるとロッキーのいる玄関にゴハンを持っていって一緒に食べる。

悔しくてオレが泣き出すと不安そうな顔をしながらも、あふれる大粒の涙をペロペロ舐めてくれた。

 

オレがいうのもなんだが頭の良い犬だった。知っている人には絶対吠えないし、知らないセールスの人が勝手に家に入ってくると必ず吠えた。

オレは頭が悪かったが、なんだか出来のいい弟をもった気分だったよ。車が好きな犬だった。

毎年夏には一緒にキャンプへ行った。窓ガラスからずっと顔を出していた。

高速道路で顔が変形するくらいに風に立ち向かっていた姿に家族全員が笑った。

すごく幸せで楽しかった。

 

それから16年が過ぎたとき、その日はやってきた。オレが社会人になってようやく会社にも慣れてきたころだった。

ロッキーに死期が近いことも知っていた。体中にガンが転移して、毎日苦しそうな声を上げていた。お医者さんも手の施しようがなかった。

十分長生きしてるけど、それでもやりきれない。

 

 

ある日、母親から会社にいるオレに電話がかかってきた。
「苦しそうにしていて耐えられない。これから安楽死させようと思う。おまえの了解が欲しい」と。

ロッキーの鳴き声が頭の中で響き出す。その頃になると、夜中でも朝でも泣いていた。
泣き出すと頭を撫でにいった。すると落ち着いてまた眠り出す。だが、それも 限界だった。

 

オレは母親に「いいよ。楽にさせてあげて」と言って、電話を切り会社で泣いた。

泣くのが落ち着いた頃、また母親から電話があった。
「お医者さんのところに連れていくまえに、体を洗ってあげようと思って、洗ってあげていたら気持ちよさそうにしてたのよ。
石鹸を手に取ろうと 目を離して次に見ると、天国へね逝ってたのよ。最期は何も泣かずに おとなしく、静かに...」

「きっとお医者さんのところで、死ぬなんて嫌だったんだろうね...このウチで最期...」

それ以上は、母親も 言葉を続けられなかった。

そしてオレも言葉にならない言葉で、「ありがとう」といって、電話を切った。

そしてまた会社で泣いた。

 

ロッキーとの約束を、ハッキリと思い出す。

「オレが大人になって車の 免許を取ったら、乗せてやる。真っ先に乗せてやるからな。」

 

今、オレの車は、ロッキーがつけていた首輪を乗せて走っている。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:3,237 PV
 評価:12345 4.33 (3 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: ,  ,  ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

泣けるコピペtwitter