2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

いつも俺の後をついてくるんだぞ

この記事の所要時間: 143

父が突然亡くなった。

父の行く先行く先をうちの猫のみぃはついていく猫だった。

「いつも俺の後をついてくるんだぞ。俺の護衛なんだ。」
と少し自慢げに言う父のその言葉に、特に信じるも信じないも、ふぅ~んですましていた。

父が、亡くなり仏様になり自宅に帰ってきた。手を組み布団に寝ている父。

すると、人見知りのみぃが私達の前を通り、父の布団の中に入った。

もう冷たい父の横に寄り添って寝ていた。みぃ冷たいでしょう・・・。
その光景を見てものすごく涙がでた。猫にも分かるのかな。お別れだってこと。

 

父が棺おけに入った夜。

家族だけの最後の夜。

棺おけの上にみぃは乗り、一生懸命父の顔の見える扉を開けようとしていた。

砂を掘るように一生懸命あけようとしていた。

母と私はそれをとめなかった。本当に一晩中みぃは必死だったのだ。

私達は泣いた。猫にも最後と分かるのだ。まだ私達は信じられなかった。

 

 

父がお骨になった日。

もう一生父の顔を見れなくなったあの日。

みぃはいなくなった。一緒に行ったのだろう。

母も私もみぃを探さなかった。

父も寂しいのだろう。みぃはついていったのだろう。

 

「いつも俺の後をついてくるんだぞ。俺の護衛なんだ。」

そういっていた父の言葉を思いだした。

本当にそうだった。

本当は私達もついていきたいくらいだった。

その変わりみぃがついていってくれた。

 

父の49日、猫が迷い込んできた。

みぃは女の子だったけど、男の子の猫だった。

ずっとうちの前で泣いていた。その猫をどうしてもほっておけなかった。

今もうちにいる。

 

そういう繋がり。大切にしていきたい。

いつまでも、その姿なくとも、何か別の形でそばにいてくれると信じている。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:8,430 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: ,  ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年4月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

泣けるコピペtwitter