2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

産んでくれてありがとうって言いたかった・・・

この記事の所要時間: 118

名前:池田 投稿日:2015年02月25日 22:38:04

 

私は、9歳で施設に入った。

15歳になって久々に母さんの顔を見た。父の顔は見たこともなかった。

会って初めての時は、なんでも買ってくれた・・・。

でも、あとになって母さんに彼氏が出来て彼氏には子供がいた。

それからは、私のことなんて愛してはくれなかった。

「私と彼氏どっち大切?」

「決める必要あるの?」

母さんの言葉に失望した。なんでだろ・・・。

ここで私の名前が出るのが普通なのに・・・・。私が母さんだと思いたくなくなるようなことしか言わなかった。

 

ある日言われた・・・。

「彼氏さんの子供より幸せでしょ?お母さん死んでるんだよ?あなたには母さんいるでしょ?」なんで・・・他人の人と幸せを比べられなきゃいけないのだろう・・・。

あなたが家にいなかったから私の体は汚れたんだ!怪我だらけだったんだ!だから・・・兄から包丁や火を向けられたんだ!

なのに・・・なんでそんな言葉が出るのだろう。

なんで・・・・産んでくれてありがとうって言いたかった・・・。

なんで・・・私を産んだの?たまたま身ごもったから?

私が生まれてきたから苦しんでるの?

なら・・・どんな方法でもいいから死ぬよ?

あなたのために流した涙は無駄だったんだね。あなたは・・・もう・・・私の親なんかじゃない。

 

死にたい・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:678 PV
 評価:12345 5.00 (2 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2017/12/05(火) 23:40:05 ID:E5Mjk5MTA

    僕は今学校に行けていません。不登校です。学校がある日は布団に引きこもって、「行かない」と拒むばかり。
    自分も行きたい、けれど行ったらどんなことを言われるか、またいじめられるのではないか、僕は思っていました。
    そして、夜の7時くらいになり、母親が帰ってくる時間帯になった。けれど母さんは帰ってこない。仕事で遅れてるんだなと、
    僕は思っていました。そして家にいたおばあちゃんから、僕に「〇〇さんが肺炎で亡くなったって」と、言った。
    それは僕の母さんだった。僕は何が起きているのか、ただ茫然としていて、放った言葉は「え?」だけだった。
    母さんは、死ぬ前にこう言ったという。広夢に伝えて、「強くなったね」ただこの一言だけだった。
    僕は泣き崩れた。いつも支えてくれた母さんが…なんで…と心の中でなんだも呟いた。
    僕は今でもそのことを覚えている。忘れたくない過去を。僕はこの記憶を忘れたら確実に後悔するだろう。
    母さんはいまどうしているのかな。天国で僕を見守っているかな。それとも宿題をやっていなくて怒っているかな。
    僕は今、高校生。おばあちゃんは僕が中3のときに亡くなってしまった。その時も泣き崩れた。父は僕が生まれて間もないころに
    交通事故で亡くなった。兄弟は元からいなく、その時は僕一人になっていた。幼馴染のおじいちゃんとおばあちゃんの家で一緒に
    暮らしてもらった。僕は教わってきたのをして、失礼のないように暮らした。ここで言ってもなにも解決しないなんてわかってる。
    だけれど、僕は悲しく、寂しく、孤独だった。すこしでも和らげるためにここに書いたんだ。母さんは今どうしてるかな。
    今もうるうるしてるよ。お葬式の時、言ったね。「ありがとう」って。僕はこの一言を何回も言っても全然和らげなんかしない。
    けれど、なにをすればいいか、どんなことを言えばいいか、分からなくなってしまった。だからここでも言わせてくれる?
    母さん僕を生んでくれてありがとう。僕を育ててくれてありがとう。小学校に行かせてくれてありがとう。まだ高校生だけど、母さん
    のことも父さんのことも忘れない、ばあちゃんの事も忘れない。皆ぼくの味方だった。だから最後に言わせてほしいんだ。
    僕を、可愛がってくれて「ありがとう」

    • 名前: 時計好きの少年
    • 投稿日:2017/12/06(水) 23:10:34 ID:IwNzI0NzE

    長文は苦手だけど君の長文をみていると過去にとても辛いことがあったんだなんてつくずく思う。
    今はちゃんと高校に行けてる?人生は一度きり。自分にとって悔いのない人生にするのが一番。
    人にあれこれ指図されて行動するより、自分の力で行動するのもいい。仲間の力も必要だけど、時には自分の力で変える時も、
    あるんだ。俺はこんな家庭に生まれてはこなかった。だから他の家庭事情にあれこれ首突っ込むのもあれだから、
    短くするね。とりあえず俺が言いたいのは、お母さんに、感謝の気持ち、いっぱい伝えられたか?お父さんに、面倒くさいほど
    可愛いがられたか?おばあちゃんには、いろんなこと教えてもらったか?このことを絶対に忘れてはいけない。
    今までやってきてくれた「恩」を返さなくちゃな!悔いのないように生きろ。そして自分の力で成し遂げるんだ。
    今が悲しくて胸が痛くても、一人じゃないって思うんだ。そしたら仲間が見える。仲間も大切にしろよ。
    じゃないと、不登校みたいになっちまうから。自分を恨むな、自分を責めるな、君のせいじゃない。だから前を向いて歩くんだ。
    悲しいことなんてふっとぶほど笑顔に生きればいい。それでいいんだ。欲に負けるな。そして正々堂々と生きろ。
    ため口でごめん。だけどこんな感じたこのないのに首突っ込んだりするとこう熱心になっちまうんだ(笑)
    まぁ、あれだ、とりあえず死ぬなよ!どんなに辛くても、どんなに死んでしまいたいって思っても、それはそんなのに負けるモノ
    じゃない。「命」ってモンはめちゃくちゃ重くて、人を幸せにする力がある。母親からもらったんだもんだろ?大切にするのが
    当たり前だ。君がどこにいるかは分からない。けんど、人ってモンは繋がってんだ。ちぎられはしない。だからもし会ったら
    つっても分からなくて通りすぎるかもな(笑)だから一生懸命生きよう。そして恩返しをする。自分にとって悔いのない人生にしよう。
    最後に一言:人に誇れなくたっていい。今を懸命に生きてみろ。それだけで世界が変わって見える。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

リアルタイム検索ワード

アーカイブ

2018年5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

泣けるコピペtwitter