2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

ほんとに好きなった、忘れることが出来ない人

この記事の所要時間: 59

名前:長いですけど、読んでみてください! 投稿日:2015年03月27日 04:41:35

 

何人もの人と付き合った。

けれど、1人の人を忘れる事がいまだに出来ない。

出逢いは、高校入学したての頃。初めて、一目惚れというのをした。

その子は、清楚で、可愛らしく、少し天然な彼女。ほんとにひきつけられた。

しかし、既に彼氏もいるらしい。クラスも違うので喋ることすら出来ない。

でも、俺が部活していて、彼女も同じ部活に入ってきた。男女でもちろん別々だが、そのおかげで少し仲良くなるきっかけが出来た。

しかし、喋ったこともなくメールでのやりとりを毎日していた。この時間がとても幸せな時間だった!

ある日、祭りがあり、俺は部活の友達たちと行った!
すると、1人の友達(こいつにしか、いつも相談しない)
が友達の彼女とSちゃん(一目惚れの人)一緒に来てると言うことを伝えてきた。

すると、そいつはにやにやし友達の彼女と協力し、俺とSちゃん二人きりにさせようとしてきた。

とても緊張したが、ありがたく、Sちゃんに会いに行き二人で初めて話す事ができた。だんだん話ははずみ、二人で花火も見ることができた。これで満足だった。

相手は彼氏がいるんだから、これっきりしよう。

そう思い、帰宅後メールで楽しかったってことを伝えた後に、今日で、やりとり終わりにしようと告げた。
彼氏にも悪いし、俺はお前の事が好き、このままやりとり、したら引くにひけなくなってしまう。だから今日で終わるね、ほんとに今までありがとうと。

送った後に、これでよかったんだと言い聞かした。

すると、返事は

メールでもいいからこれからも、毎日したい、彼氏とは好きぢゃないのに付き合ってる(複雑な理由だった)だからお願い終わりたくない。

その言葉だけで、ほんとに充分で俺は、別れるまで、ずっと待つし、ずっと好きでいるから、と伝えた。

それから、別れ、彼女が軽い女と思われたくないのもあり、5カ月ほど我慢しとうとう告白した。彼女も好きだと言うことを聞け、ほんとに好きな人と付き合う事ができた。

お互い部活が厳しく、休みがめったにない。でもやっと二人で帰宅や会う日がとてもとても待ち遠しかった。
最初は、手を繋ぐことも恥ずかしいと拒否されたりしてた。
だけど、初めて手を繋いでくれた時は頬を赤らめたりし、手を繋ぐだけでもドキドキの付き合い。
こんな初々しい付き合いは初めてだった。

ほんとに幸せな日々が続いた。
俺たちは、1年生ながら、校内のベストカップルに選ばれるなど、周りからも評価されていた。

しかし、ある日悪い噂を耳にした。。

ひとりの女が俺たちに嫉妬し、別れさそうとしてるらしいと。

そんなの、全然気にしてなかったが、めったにない会える日にも会えなくなったり、なんか疑ってるような表情。なんでもないという。

別に深く聞いたとこで、イヤな思いさせるのではとつっこまなかったが、別れさせそうとしてた女が彼女と親友になり、いろんな無い噂や、会える日にわざと予定をいれたり、してたらしい。

俺はこれを知り、彼女に伝えると、会えないからと、友達を悪く言わないでと、全然信じてもらえなかった。

それから、歯車が狂っていき、関係は終わりに近かった。
そんな時に来た、バレンタイン、期待してない。

しかし、夜会いたいと言われ、チョコを貰った、手作りの。
ほんとに嬉しかった、涙が出そうな程、美味しく作ってくれた。

しかし、その2日後くらいに別れてしまった。

貰った、ペアネックレスや思い出も、捨てることが出来ないので、全てお返しした。
友達はみんな泣いて励ましてくれた。俺は泣いてないのに、わら

しかし、とてもつらかった。

後悔ないと回りに言い、自分に言い聞かせながらも、後悔しかなかった。

そして、ホワイトデー、別れたが、初めてチョコを作った、っていっても市販の奴をわざわざとかして、もっかい固めたり、名前書いたり、料理もしたことないのでわからないながら、作った。

次の日、いつも部活終わりに行ってた場所に呼び出し渡した。
名前も書いたのに、もう溶けて読めなくなってた、わら
しかし、彼女は喜んで、そんな美味しくないはずなのに、美味しいと全部食べてくれた。それを見たらいてもたってもいられず、また戻りたいと伝えた。

あっちも戻ってくれるか思ったが結果はだめだった。。

相手が去った後、初めて涙がでた。ほんとにビックリした。

それから、お互い彼氏、彼女もでき何年もたった。俺は好きと言われ付き合う恋、好きだと思っても、彼女を好きになった好きと比べられない。
結局彼女のことを思い出してしまう。

 

それから、何年かたったある日。

居酒屋で彼女とばったりあった、彼女と、俺は二人で散歩した。
酒も入ってたこともあり、いろんな話をした。

あの時こんな気持ちだったとか、ほんとに好きだったとか、今でも、ネックレスやプレゼントしたものあるよ、とか。

ほんとに散歩の時間は短く感じた。
彼女はまだ付き合ってる人がいることも、きいた!

それから、女友達(彼女の親友、悪い奴ぢゃない方)と話す機会もあり、いろんな話を聞かせてくれた。
別れた次の日からずっと泣いてた姿や、別れさそうと友達がしてた事実をしって、俺の事を信じきれなかった事へ後悔し、ホワイトデーに告白したときも、ほんとはすぐにも飛び付きたかったが、俺にもっと幸せな人と一緒になって欲しく、拒否したこと、など。

涙が止まらなかった、全然涙とか出ない人なのに。

俺は決めた。この人の事がほんとに好きだし、忘れきれない、忘れたくない!

重いと思われるかも知れないけれど、いつかまた出会った時に告白する。

また、付き合いたい、結婚するなら、この人しかしないのかと思う。

皆さんも、素敵な恋をしてください!

俺も頑張ります!!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:12,641 PV
 評価:12345 3.33 (3 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年5月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

泣けるコピペtwitter