2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

交通事故現場に救急隊員として駆け付けた時の話

この記事の所要時間: 19

名前:名無しさん 投稿日:2015年05月02日 16:38:13

 

私が救急隊員をしていた時の話。

若い男性が暴走した車に轢かれ、意識不明の重体となっているとの通報が入り、隊員数名と救急車で向かった。

 

現場に着くと、自動車が電柱に衝突した状態で大破しており、付近の歩道で横たわるスエット姿の男性、またその男性にしがみ付き、コンビニ袋を持ったまま泣いている若い女性が見えた。

 

私たちが駆け寄ると、男性は頭から大量の血を流し、容態は極めて危険で
あることが一目瞭然であった。

 

 

脈や心音を確認するため、私が女性を男性から引き離すと、涙を流しなら「私行かなきゃ。」と、突然走り出した。

 

私は「女性が危ない!!」と感じ、警察に報告よりも先に、他の隊員に合図を送り、女性を追いかけた。
30秒ほどで女性がアパートに入って行くのが見え、私もそれに続き部屋に入った。

 

 

その女性は下衣をすべて脱ぎ、癇癪を起こしながら、必死にゴミ箱のティッシュを漁って「彼の子生まなきゃ、、、彼の子生まなきゃ」と陰部に押し当てていた。

 

その時の私は、思考が止まってしまい、誰かが来るまで黙って見守ることしかできなかった。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:7,644 PV
 評価:12345 2.60 (5 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

泣けるコピペtwitter