2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

男性恐怖症など無縁で17年間生きてきて人を信じ続けた私に訪れた不安と恐怖

この記事の所要時間: 229

【投稿者名】  【性別】女性 :2015/07/10 10:47:30

 

私は、今まで人を信じ続けてきました。

17年間生きてきて、なにも不安も恐怖もなにもないで生きてきました。

でも・・・私は、自分で今まで苦しめていたのだと知りました。

私は、いろんな友達が出来ていろんな人と絡みました。

でも・・・私は気づかないでいました。

この中に悪魔がいることを知らないで・・・。

 

「ね~空ちゃんは~今日は暇だったりするの?」

私に話しかけてきたのは、クラスでも人気なA君だった。

「うん!暇だよ?みんなでどっか行くの?」

「うん!俺のイツメンとね!」

A君のイツメンは、男子2人と女子2人だった。

 

私は、放課後5人に連れられ暗い公園に行った。

すると・・・

「よ!」

A君が少し強そうな男の人にあいさつをした。

私は、女子に肩を押された。

私は、その時恐怖を覚えた。言いようのない不安と恐怖があった。

「なにするの・・・・」

「大丈夫!痛いことにはならないから!」

A君は、笑顔で言った。

その瞬間、私の頭の中でピンクだった空間が黒に変わった。

その時、私はその男にレ○プをされたのです。

5人はそれを見て笑っていました。

その時に見た、みんなの顏は悪魔でした。

 

私は、その日から学校に行くことがなくなりました。

でも・・・5人は私の家に来るのです。

母は、なにも知らないから家に入れて私の部屋まで連れてくるのです。

「よ!空さん!」

今回は、そのメンバーにレ○プをされたのです。

それが1か月くらい続きました。私の心境は、ずたぼろでした。

それからは、私は男性恐怖症になり家にこもるようになりました。

 

今でも、不安と恐怖があります。友達、知り合いを私は信じすぎたのです。

それからは、みんなの顏を見る度に涙が出ます。

そんな中、私を救ってくれたのは一人の男の子でした。

私は男性恐怖症のため、その子と話すときも涙目で体の震えが止まりませんでした。

でも、今ではその子だけは大丈夫になりました。

慣れるまで1年くらいかかりました。

そして、今にいたっては彼氏になり、今でも私のそばで私のことを守ってくれています。

今でも、私の体には傷跡が残っています。抵抗したため、殴られたりナイフで切られたりしました。

だから・・・彼氏の前でも服を脱ぐことはありません。

イツメンとは?

「いつものメンバー」という意味。

いつも一緒にいる仲の良い友人達のことを指し、学生や社会人など関係なく、いつもつるむ仲良しメンバーのことを意味する。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:2,211 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:哀しい・悲しい話
 タグ: ,  ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年6月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

泣けるコピペtwitter