2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

身近にいた大切な異性

この記事の所要時間: 139

【投稿者名】RaTe  【性別】女性 :2015/08/06 23:07:54

 

私は今、17才です。

正直言って…自分は不細工です。

中高と彼氏がいませんでした。

小学生のころは、そんな自分の内面でイジメられていました。

そんな時に、T君にいつも助けてもらいました。

T君はいつも、私を慰めてくれました。

それから、私はT君の事がしだいに好きになりました。

しかし、周りのクラスメイトにからかわれたらと言う恐怖で結局諦めていました。

 

それから、中学生になっても彼氏は出来ず・・・

晴れて、高校生になっても女子高だったので彼氏が出来ませんでした。

そして、高3の最後の夏。私はちょうど好きだった男友達を諦めていた時。

友人の携帯に懐かしのT君の電話番号があり、どうせならかけてみる?と冗談半分でかけてみました。

なんと、つながったんです。

それから、少々の雑談をして友人からT君のメールアドレスを聞き、メールを始めました。

その後に、私は思い切って告白をしました。

なんと、OKをもらいました。

それから、ずーっとメールをしているんですが、タイミングが合わずすれ違いばっかりで・・・

とうとう、自信をなくした私はT君に言いました。

 

「私の事、嫌い?」

すると、予想外の返事が・・・

「なぜ今さら聞くの?嫌いならRaTeとメールしないよ!!」っと…

嬉しかった…

 

そして、次の日。

私は、思い切ってT君のホントの気持ち教えてと…

すると、彼はこう言ってくれた。

「いつまでもRaTeのこと好きやで~」っと。

私は、初めて身近に大切な異性がいる事を今の彼氏に教えてもらいました。

そう、大切なT君に。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:6,731 PV
 評価:12345 2.00 (4 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: ,  ,  ,  , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年3月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

泣けるコピペtwitter