2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

幸せになんて、なれないよ。

幸せ、ハート、カップル
この記事の所要時間: 49

投稿者: ─
性別: 女性
お話の題名: 幸せになんて、なれないよ。
お話の分類: 彼氏・彼女・恋愛の泣ける話

お話の内容:
「わ、私、祐くんのことが…好き…でした」

高校三年生の春、卒業式の後。私は
友人に励まされながら、一年生の頃から
好きだった、祐くんに告白しました。
自分でも消え入りそうな声だったのを、
はっきりと覚えています。

「お、俺も陽のことが好き…だよ。
 し、幸せにするから!」

「好き」という単語が聞けて、
とても嬉しかったです。思いが伝わった
ことが、何より嬉しくて。

「…ふふっ」

幸せにする、なんて、私たち今思いを
伝え合ったばっかりなのに。
私の目からは自然と涙がこぼれていました。

 

大学生になっても、彼の性格は
変わりませんでした。でも、少し高く
なった背で私を見下ろしてきたのが、
少し悔しかったです。

「明日、デートしようよ」

突然な誘いでした。付き合ってもうすぐで
一年になるときでも、手を繋ぐときは
私も祐も顔が真っ赤でした。

「うん」

突然で驚きつつ、私は祐の誘いを
承諾しました。

「今日は、遊園地に行こう!」

チケットを二枚取り出し、微笑んだ
彼の笑顔が忘れられません。

照れてはにかんだ顔も、
自慢気な顔も、
納得いかないときの顔も、
全てが愛おしかったです。

「手…繋ごうか」

私が手を差し出すと、祐は少し照れて
私の手を取りました。

汗ばんできたらどうしよう。
恥ずかしいな、みたいなそんなことを
考えていたと思います。

8時になりそうな時、観覧車に
連れていかれました。

観覧車に乗り込む時の、祐の私の手を
掴む力が少し強かったのを覚えています。

「陽、実はさ」
「…うん」

いつもと違う彼の雰囲気に、緊張
していました。

ドーン、と大きな音で驚き、外を
見ると花火が打ち上げられていました。
下から歓声が聞こえてきました。

「こっち見て」

肩をグイッと掴まれ、祐と目線が
合いました。真剣な彼の表情が
少し新鮮でした。

「…俺さ

 残り3か月しか陽といられない」

「…え…」
「残り3か月しか、生きていられない」

息が詰まりそうになりました。
思わず咳を切ったように泣いてしまった
私は、涙が止まりませんでした。

「やだ…もっと一緒にいたい…」

子供みたいに、やだやだとぐずりながら
泣く様は、自分でも情けないなと思ってました。

「…っ!」

祐が突然キスをしてきました。
初めてでした。でも、これが祐との最後の
キスでした。

「…泣かないで」

私は、ひっくひっくと泣き止みませんでした。

観覧車は、もうすぐで終わりそうでした。

 

その次の日。

祐は、大学に来ませんでした。
祐の携帯に電話しても、出ませんでした。
家に行っても、誰もいませんでした。

次の日も、祐の家を訪ねました。

「祐のお母さん…」
「陽さん」

私は祐のお母さんに誘われ、
家に上がりました。
お母さんとは、祐の家に遊びに行くとき
優しくして貰えて嬉しかったです。

「祐のお母さん、祐は、どうしたんですか」
「…祐に言っちゃ駄目って言われてる
 んだけどね

 祐は東京の病院に行ってしまったの」
「…何で…」

北陸に住んでいた私が、東京に
行くまでには長い時間が必要でした。

祐が私に東京に行く、と言わなかった
のは私に心配をかけたくない、だとか
きっとそんな理由だ。

「陽さん、祐のところに行かないで。
 …あの子の最後の頼み事だから」

私はその言葉を聞いて、泣いてしまった
のを覚えています。

「…私…このまま、祐とお別れなんて、
 …無理です。祐と、いたいです」
______________________

教えて貰った病室を開けると、
変わり果てた祐が寝ていました。

痩せ細り、髪は抜け、歯も
ボロボロでした。

「…ゆ…う…」

元気だった頃の祐の面影は
残っていませんでした。

「…はる?」
「ゆう」

目を開けた祐の顔を覗き込み、
手を振りました。すると、祐は
弱々しくはにかみました。

「…俺、もう死んじゃうんだって…」

私が泣くと、祐は「泣かないで」と
微笑みました。

「俺が死んでも、幸せになってね」
「…幸せになんて、なれないよ」

そう告げた次の日の朝。
祐は息を引き取りました。

昨日の様に鮮明に覚えています。
幸せそうに眠っている、祐の顔を。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:187 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ: ,  , 

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

リアルタイム検索ワード

アーカイブ

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

泣けるコピペtwitter