2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

母の事故

この記事の所要時間: 158

本当にあった話

俺の高校は寮生活方式で1週間に2度、
ひどければ2週間に2度という頻度でしか自宅に帰れなかった。

いつごろかあまり覚えてないが、ある時、物凄い腹痛で一時帰る事になった。
母が車で寮に迎えにきたその時には、もう9時を過ぎたころ。
だから病院は明日行くことになった。


その帰り途中、
後部座席で横になって寝てたから何が起こったのかまったくわからなかったが
音だけははっきり聞こえた。

大きな音で「ドガンッ!!」って・・・

そんで目開けて運転席の方見たらハンドルに母が挟まってて意識失ってたんだ。

事故の原因は居眠りなのかわからないが、電柱に思い切り正面衝突していた。
そんな事よりもまずは母を車から助けようと思い、外に出てドアを開けようとしたが
ガッチリして開かない・・

中からひっぱったりして、全然無駄な事をやってたが、
もうその時はパニックで自分でも正直なにしてるかわからなかった。

 

人を呼ぼうにもその道の周りは畑だらけで
まったく人がいなかったため呼ぼうにも呼べなかった。

携帯?そんときはまだ持って無かったよ。
親からイラナイだろ!て反対されてたんだ。

正直こんなときに警察に連絡すらできないのかと悔しく思った。
そんな事考えててもキリがないから、
母を車から出そうとしたがやっぱりどうやってもでない・・

で、そっから走って20分のとこに電気がついてる住宅があって息切らしながら
ドア叩いてでてきたおばさんに事故の事情を話して警察に連絡してもらったよ。
警察が来たころにはもう息をしてなくてさ・・・

病院にいったらいったで死亡通告されるしもう散々だった。
「腹痛いくらいで母呼ぶんじゃなかった」
と自分のことを責め続けて自分で顔を殴ったりした。
すごく痛かったけど、そんなんまったく気にせず自分のことを殴り続けてた。

んで数日後、葬儀してその時なぜか涙がでなかったよ
あの時めいいっぱい泣いたからかな。
よくわかんないや

それからはもう母はなくなり
父、弟、俺の3人暮らし。
いま自分は21歳で仕事はホームセンター業。

書いてる途中だけど、
涙出てきて何かいてるのかわかんなくなってきた・・・
ごめん

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:5,236 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:親子の泣ける話
 タグ: , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年5月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

泣けるコピペtwitter