2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

Kという名の犬

この記事の所要時間: 146

読んでたら、去年の暮れのことを
思い出したから、書かせて貰うよ。(書いたら以外と長文なので2回に)

今年の元旦の事だった。

漏れの実家にはKという犬が居た。
Kは漏れが大学の頃に飼い始めて、かれこれ14年。
飼い始めの頃は、まだちっちゃくて、
公園に散歩に連れて行っても、
懸命についてくるのが精一杯だったのを覚えている。


大学時代は時間の余裕もあったせいか、毎日散歩をしてたよ。
散歩用のロープを持ち出すと、大はしゃぎして、飛びついてきたりしてな。
お手とか、お座りとか教えたのも懐かしい。
その後、大学を卒業し社会人になり、ひとり暮らしを始めると、
大好きなKに会うことも出来なくなった。
正月やお盆に帰ると、忘れもしないで飛びついてくる。
ほんとに、可愛いやつだな。(続く)


(続き)
そんな感じで、約10年が過ぎた。

漏れも仕事が忙しくなり、なかなか実家にも帰れない年が続いた。
去年の暮れ、仕事も落ちつき、正月は実家で過ごそうと、
久々に実家に帰ったわけだ。
Kに久々に会った。
相変わらず尻尾をぶんぶん振っている。
相変わらず、飛びついてくる。
漏れも、久々の対面に、馬鹿親さながら可愛がった。

その日の夕食時、母から最近Kは年のせいか元気がなく、
寝てばかりいる等の話を聞いた。
そんなこんなで、明朝はみんなで、元朝参りにでも行こうと
早めに寝たわけだ。

明朝起きて散歩してあげようと思いKの名前を呼んだ。
何故か犬小屋で、寝たままだった。
前日の母の話しぶりから、この事かとと思いながら、
小屋に近づいて名前を呼び首もとをさすると、
いつもの体のぬくもりはなかった。

Kは天国へ行ったんだと理解したくなかったが、
それが、現実だった。
去年は戌年。
Kは戌年を全うして生き抜きました。

またいつか散歩しような。

長文スマソ
思い出したら泣けてきた。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

 閲覧回数:12,348 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: , 

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無し
    • 投稿日:2013/07/28(日) 17:24:39 ID:EzNDA1OTM

    文章下手すぎ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

最近のコメント

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

泣けるコピペtwitter