2ちゃんねるやネットの泣ける話をまとめた涙腺崩壊系の感動読み物サイト。

カテゴリー:父・母の泣ける話

注目の記事

母の顔にある大きな傷

 2014.01.02     父・母の泣ける話     コメントを書く

私は母の顔がすごく嫌いでした。 なぜなら大きなやけどの跡があるからです。 よそのお母さんはあんなに綺麗なのに何で私のお母さんは・・・ とか、何でこの人が母親なんだろう とさえ思ったことがありました。 そんなある日のこと。 その日の四時間目のこと私はあることに気づきました。 夕べ徹夜で仕上げた家庭科の課題が手元に無いのです。 どうやら家に置いてきてしまったようです。 あたふ…

 評価:4 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 54 votes, average: 5.00 out of 5 5.00 (4 件の評価)
続きを読む

オヤジの描いた地図

 2013.12.31     父・母の泣ける話     コメントを書く

オヤジが今年の春に入院し、夏に死んだ。 子供から見ても波乱万丈の人生で、職を転々とし、最後の2年間は大好きな車を仕事にしたい、 ということでタクシーの運ちゃんやってた。 おふくろによれば 「あんなに生き生きと働いているのは今まで見たことがなかった」 ということで、きっとタクシー運転手を天職だと思っていたのだろう。 入院して1ヶ月ほどたったゴールデンウイーク、オレは彼女を連れ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

パパ、3年間もひとりにしてごめんね

 2013.12.30     父・母の泣ける話     コメントを書く

父を肺がんで亡くしました。 海外に単身赴任している3年間のうちに病魔に蝕まれたらしいです。 帰国したときにはもう末期で、手の施しようがありませんでした。 気丈で、一度も痛いとも辛いとも言わず、たった2ヶ月の闘病生活で 逝ってしまった父。 1ヶ月後、元の職場から船便で父の私物が送られてきました。 私には読めない外国語の書類、懐かしい父の匂いのする衣類などなど。 母と思い出話をしなが…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

継母と小学生だった私

私がまだ小学2年の頃、継母が父の後妻として一緒に住むことになった。 特に苛められたとかそういうことはなかったんだけど、 なんだか馴染めなくて、いつまで経っても「お母さん」と呼べないでいた。 そんなぎくしゃくした関係だったけど、継母が私のために一生懸命だったことはよくわかってた。 小学校4年になった夏休み、私は継母の提案で二人で川に遊びに行くことになった。 あんまり気が進まなかったけど…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

父親からのポケベルメッセージ

 2013.12.24     父・母の泣ける話     コメントを書く

ポケベルがはやっていた時、私の父親もポケベルを持っていたんだけど、 私がいくら説明してもうまく操作できなかった。 父親はその時から癌におかされていて、父親が死んだ時、病室の引き出しから一枚の紙がでてきた。 おばあちゃんやお母さんはその紙を見て 「なんだろね、これ?」と言って私に見せました。 (さらに…)…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

ささやかな誕生日パーティー

 2013.12.21     父・母の泣ける話     コメントを書く

私が23歳の頃、就職1年目の冬、私の誕生日の日のこと。 職場の人たちが「誕生パーティーをしてあげる!」というので、 家に、「今日は遅くなるよ。ゴハンいらないから。」と電話を入れたら、 父が「今日はみなさんに断って、早く帰ってきなさい。」と言う。 「だってもう会場とってもらったみたいだし、悪いから行く。」と私が言うと、 いつもは温厚な父が、「とにかく今日は帰ってきなさい、誕生日の用意も…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

抱っこさせてあげれば良かった

 2013.12.16     父・母の泣ける話     コメントを書く

先月、お母さんが死んだ。 享年58歳だった。 死ぬ5日前に「あんたを抱っこした記憶が無いから抱っこさせてよ」って言われた。 私は照れ臭くてそれを断ってしまった。 (さらに…)…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

初めて男の人があんなに泣くところを見た

中3の冬ぐらいのときだったかなあ 私が父の仕事場に行ったとき、「○○さんって言うんだ、凄く良い人。」と、 父がいきなり私にあるおじさんを紹介した。 ちらほら父を通してそのおじさんと会って話したりしてる内に、 ○○さんはスポーツが凄く好きで バレーのクラブチームで指導したりもしてた事とか、 体にもいつも気を使っていた事、それに凄く気さくで友人が多かった事。 色んなことを知った。…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

青い正義感

 2013.10.31     父・母の泣ける話     コメントを書く

全盲のうちのお袋が、公衆電話をかけようとしたら、白い杖を見てチャンスと思ったらしいDQNが、お袋のバッグをひったくろうとした。 お袋はすぐに気づいて抵抗したが、殴られて倒れた。 次の瞬間、近くで怒号が聞こえて乱闘が起きているのがわかったという。 訊くと3人のDQNに一人で飛び掛っていったDQNがいたらしい。 (さらに…)…

 評価:1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5.00 (1 件の評価)
続きを読む

あまのじゃくな父

 2013.10.11     父・母の泣ける話     コメントを書く

姉の結婚式のとき。 姉と一緒に写真を撮っていたら、不意に、メールが届いた。 件名「ほしい」 内容「ちちも しやしん」 (さらに…)…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

泣けるコピペtwitter